費用を比較

害獣駆除費用の傾向について

ネズミ駆除の基本作業費用が必要になり、粘着トラップや捕獲カゴの費用も必要になります。そして捕まえたネズミの処分費用と消毒作業の費用が必要になります。さらに再びネズミが入ってこないように忌避剤の散布と侵入口のシャットアウト工事が必要になり費用がかかります。このように害獣駆除の作業が多くなると費用が高くなる傾向があり、作業内容が少なくて済む場合には安い費用で依頼することができます。具体的にはアライグマのような場合には、駆除の基本料金と侵入口のシャットアウト工事を行うだけなので費用が安く済みます。

害獣と人との歴史について

害獣と人との歴史は古くから存在し、大昔から人は害獣駆除に尽力してきました。例えば縄文時代では高床式倉庫が用いられており、この施設にはネズミ返しが備えられていて、ネズミから食料が襲われないように工夫されていました。最近においては鳥インフルエンザのように動物を媒介して人に病気をもたらす存在が発見されるようになり、害獣への関心も高まってきています。さらに近年の害獣による被害は増加傾向にあり、害獣駆除の専門業者が大いに活躍しています。このようなことから現代の日本では様々な害獣駆除のアイテムが販売され、ホームセンターなどで気軽に購入できるようになっています。ただしホームセンターなどで購入できる駆除アイテムはネズミなどの場合のみで、アライグマやイタチの駆除などには専門家の助けが必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加